フォローする

Box - エンドユーザガイド - 基本操作

Box Account へのログイン

1 : http://app.box.com/loginにアクセスします

  ※ブランディング設定をカスタマイズされている場合はログインのアドレスが異なります

  例:http://[custom name].app.box.com/login

2: ユーザ名(メールアドレス)とパスワードを入力します

3: ログインをクリックします

※初期設定で言語設定が日本語に設定されていない場合はこちらを手順で言語設定で行えます。

新規フォルダの作成

1 : [新規作成]ボタンから[新規フォルダ]を選択します

2 : ポップアップウインドウ内のフォルダ名を入力します。個人フォルダとして利用する場合は[今は個人用にする]を選択し、コラボレータを招待してフォルダを共有する場合は[ファイルのアップロード/ダウンロードにユーザを招待する]を選択します

3 : フォルダ内にフォルダを作成する場合は、フォルダを作成する親フォルダを選択して上記1,2の手順を行います。

 

ファイルのアップロード

アップロードボタンから以下のいずれかを選択してアップロードします:

[ファイルをアップロード]

1 : ファイルをアップロードするフォルダへ移動します

2 : [アップロード]ボタンをクリックして[ファイルをアップロードする]を選択します

3 : ポップアップウインドウからアップロードするファイルを選択します

4 : アップロードする対象ファイルを選択したら[開く]をクリックします

[フォルダをアップロード]

1 : フォルダをアップロードするフォルダへ移動します

2 : [アップロード]ボタンをクリックして[フォルダをアップロードする]を選択します

3 : アップロードするを選択したら[OK]をクリックします

Quick Tip : その他にも ドラッグ&ドロップ、Box Sync、Eメールやアップロードウィジェットなどでもファイルをアップロードすることが可能です。

アップロードウィジェットを利用する

EメールでBoxへアップロードする

 

コラボレータを招待する

Boxのコラボレーション機能はフォルダ単位でコラボレータ(共有者)を招待できます

1 : 共有したいフォルダで[コラボレーターを招待]をクリックします

2 : ポップアップウインドウで招待するユーザを入力し、アクセスタイプを設定して[招待する]をクリックします。

招待コラボレータは招待されたフォルダ以外はアクセスできません

コラボレータにはアクセス権限を付与することでアクセス制限を行うことができます。

アクセス権の種類についてはアクセス権限の種類をご参照ください

Quick Tip : コラボレータの権限はサブフォルダに継承されます。例:上位フォルダで編集者として招待されたコラボレータは招待されたフォルダ内のフォルダやファイルに編集者権限を持ちます。アクセス権限の考え方の詳細についてはこちら

ファイルの検索

メニューバーの検索フィールドにファイル名などを入力して検索します

Search Bar

検索フィルタを利用することで検索の絞込みが行えます

ファイル検索については以下も合わせてご参照下さい

Box - ファイル検索

 

共有リンク

共有リンクURLを生成することでフォルダやファイルへのアクセスを行うことができます

1 : 共有したいファイルやフォルダの[共有]をクリックします

2 : [このファイル(フォルダ)へのリンク]に自動的に共有リンクが表示されます

3 : URLをコピー&ペーストでEメール当で送信する、または[送信する]から直接URLを送信します

4 : 共有リンクへのアクセス権限などの設定は[アクセス]から行います

* [組織名]のユーザー: 社内の同じメールドメインを持つ者のみアクセスが可能です

* このフォルダ内のユーザー: フォルダやファイルの共有者のみアクセスが可能です。

簡易共有オプション

プレビュ画面の[共有]セクションからも共有リンクの取得、メールによる送信、WEBサイトへの組みコードなどが利用できます

共有リンクのオプションの詳細はこちら

WEBサイトへの組み込み方法はこちら

 

ファイルのプレビュ

ファイルのプレビュについてはこちらをご参照ください

 

ファイルにコメントを追加する

1 : 共有したいファイルを開き、詳細を表示します

2 : [アクティビティ]タブを開きます

3 : コメントを入力し、[投稿]をクリックします

コラボレータにタスクを追加する

1 : 共有したいファイルを開き、詳細を表示します

2 : [アクティビティ]タブを開きます

3 : [吹き出し]アイコンでタスクを選択します

4 : 割り当てるコラボレータ、期日、説明を入力して[割り当て]をクリックします

ファイルのロック

ファイルのロック機能は複数のユーザが動じに同じファイルを編集するような場合に利用します

1 : ファイルのオプションメニュから[ファイルをロック]を選択します

2 : ポップアップウインドウでダウンロードの禁止とロック期限を設定して[続行]をクリックします

3: ファイルがロックされるとアイコンの左に鍵マークが表示されます

4: ファイルのロックを解除する場合はオプションメニュから[ファイルロック解除]を選択します

フォルダプロパティ

フォルダの所有者はフォルダ単位でプロパティを設定することができます

フォルダのドロップダウンメニュから[一般情報]をクリックします

ポップアップウインドウからフォルダプロパティを設定します

Eメール通知

フォルダ内のファイルがプレビュされたなどのアクションがEメール通知することができます

メニューバーから[アカウント設定]を選択します

[通知]タブを選択します。各種アクションで通知の設定を行います

Quick Tip : Eメール通知設定はフォルダ単位でも指定することが可能です。
標準設定はアカウント設定での設定が適用されていますが、
フォルダのプロパティ設定で異なる設定を行うことが可能です。

Box でファイルのバージョン管理機能
Box Embed - ファイルをWebサイトへ組み込む

Box のユーザの考え方 - 管理対象ユーザと外部ユーザ
Box - アクセス権限の種類
Box - 管理者ガイド - ユーザ管理
Box - 共有リンクを利用する
Box - 言語とタイムゾーンの変更

コメント