フォローする

Box - ファイルの履歴(バージョン)管理

Box でバージョンヒストリを活用する

バージョンヒストリの基本

Box上で複数のバージョンが存在する場合はファイルの横に V アイコンが表示されます

旧バージョンのレビュとリストア

バージョンヒストリアイコンをクリックすると、ポップアップウインドウが開きます。

ポップアップウインドウでは、ファイルの更新日と更新者が表示されます。旧バージョンのダウンロードまたはリストアを行うことができます。リストアする場合は、[現在に設定]を選択します。リストアでは旧バージョンをコピーして、最新バージョンとして追加します。

           

新バージョンをアップロードする

新バージョンのアップロードは[新しいバージョンをアップロード]メニュから行います。

アップロード後は自動的に履歴の最上位に配置されます。アップロードはプレビュ画面の[アップロード]からも行うことが可能です。

Box Edit

Box Editで編集した場合も、ユーザが編集後に保存すると自動的に新バージョンとしてアップロードされます。

Box Sync

Box Syncで同期した場合も新バージョンとして保存されます。オフライン時に変更があった場合はBox Server と Box Sync が再接続された際に反映されます。

Box Sync のインストール方法はこちら

バージョンヒストリベストプラクティス

バージョンヒストリはファイルに変更履歴を管理するには有効ですが、編集時にファイルをロックすることでより効果的にバージョンヒストリを利用することができます。

ファイルのロックとアンロック

Boxではファイルの操作を制限することを"ロッキング"と呼びます。

バージョンヒストリが煩雑化することを防止するために編集中はロッキングを行うことを推奨致します。

"コピー"

複数ユーザが動時に新バージョンをアップロードした場合"コピー"と表示されます。

Boxでは上書きを行わないために複製が作成されます。

 

コメント